11月6日(月曜日)にセレモニーを実施しました

11月6日(月曜日)にセレモニーを実施しました。

今回は、新婦がレッドカーペットを敷いた大階段に映えるウェディングドレス姿で登場しました。
新郎新婦は、新婦のお母様や参列した多くの市職員、市民に見守られて婚姻届を提出したことで、
夫婦となった日の喜びをしっかりと感じられたようでした。

21本のバラは「心からの愛」という花言葉があります。
セレモニー当日の朝、廿日市バラ推進協議会さんが摘んだバラを
けん玉商店街にある花屋さんがアレンジしてくださいました。
花束贈呈は、サプライズで新婦のお母様から。

新婦から新郎へブートニアも贈ってもらいました。

さらに今回は特別に、新婦友人から、廿日市市出身のシンガーソングライター香川裕光さんの
歌声プレゼントなどのサプライズ演出もあり、会場は温かい拍手に包まれました。

新郎新婦からは、「たくさんの人がお祝いしてくれて、幸せでした」とメッセージが寄せられました。