平成30年6月25日にセレモニーを実施しました

6月25日にセレモニーを実施しました!

今回は初めて、さくらぴあ施設室内でのセレモニーをご希望いただきました。

市役所1階に常設しているフォトブースも、式当日の朝、
宮島工業高等学校の皆さんのご協力により会場内へお引っ越し。
レッドカーペットを進んだ先に、新郎新婦を包み込むように設置されました。

今回の新郎新婦は、市内の宮島街道沿いで美容院を営むお二人。
挙式・披露宴をされない予定でしたが、
大切なご家族にご結婚を報告したいとセレモニーを実施されました。

ご家族とスタッフが見守る中進む式は、どの瞬間もとても温かく、
新婦様を始め、ご家族も涙を浮かべて幸せと喜びをかみしめてくださいました。

新婦の甥っ子さんがリングボーイを立派に務めてくれた指輪交換。
リングボーイは指輪交換に興味津々です。

新郎新婦のご希望であった、家族全員での記念撮影も行い、
フラワーシャワーを受けながら会場を後にした新婦の髪には、
花びらが名残惜しそうに舞っていました。

結びに、木のキューブにメッセージを書いていただき、
お二人の手でフォトブースにはめてもらいました。

セレモニー後のアンケートでは、
新郎から「廿日市市に生まれてよかったと思いました。
これから地域に貢献できる人、店になっていきます」。
新婦からは「とても温かい空間に涙がでました。
今日の式がとても理想でした」とコメントをいただきました。

新郎新婦とご家族のためだけの空間は、新郎新婦がご家族を、
ご家族が新郎新婦を大切に思う温もりが節々に感じられ、胸が熱くなりました。