セレモニーは、廿日市市にゆかりのあるミュージシャンによる生演奏とともに進みます。
まずは、新郎新婦が市役所に併設するさくらぴあ文化ホール内の大階段を降りて登場します。
※さくらぴあ内の広く明るい部屋で行うこともできます。
開会宣言や市長からのお祝いメッセージに続き、婚姻届を提出してもらいます。
婚姻届を受理した後、廿日市市オリジナルの結婚証明書を贈呈します。
結婚後の決意などをインタビューした後、廿日市市の特産品を春夏秋冬で変更しながら記念品としてお贈りします。
また、市が切りバラの生産量県内一であることにちなみ、廿日市市産の21本のバラの花束をお渡しします。
バラは本数で花言葉が変わります。21本は「真実の愛」という花言葉があり、20と1で「はつか+いち」にもかかっています。
最後に「木工のまちはつかいち」にふさわしい、市内産の木をふんだんに使った特製フォトブースで記念撮影をし、閉会となります。

新郎新婦登場

レッドカーペットを敷いた大階段を左右から降りてきてもらいます。中央で手を取り合い、署名台までお進みください。参列者からの温かい拍手が2人を包みます。

婚姻届提出・結婚証明書授与

婚姻届提出後、地元の事業者さんがデザインした、廿日市市オリジナルの結婚証明書をお渡しします。「木工のまちはつかいち」にふさわしい、木製の証明書もあります。お持ち帰りいただき、ぜひリビングなどに飾ってください。

花束贈呈

「はつか+いち」にちなみ、21本のバラの花束をお贈りします。本数で花言葉が変わるバラ。21本は「真実の愛」という花言葉があります。廿日市市は切りバラの生産量が県内一で、丁寧に育てられているため花持ちも抜群。セレモニーの思い出を長く楽しんでください。

記念撮影

廿日市市の大野地域にある宮島工業高等学校の生徒さんがプロのデザイナーと一緒に作り上げたフォトブースで記念撮影を行います。市内で育った木材を市内事業者さんが仕入れ、飾り付けには市職員も参加。オールはつかいちのフォトブースで最高の笑顔を!

別室にてハッピーインタビュー

2人の幸せいっぱいの気持ちをお聞かせください。ご了承いただける場合、ホームページにコメントなどを掲載します。



専用フォームに入力して応募してください。
応募・問い合わせフォーム